おなかの上のベビー靴

妊娠線とは別名ストレッチマークとも呼ばれる、妊娠中に出来る亀裂の事を指します。
妊娠すると赤ちゃんが徐々に大きくなっていきます。
それにつれてお母さんのお腹も大きくなり皮膚が急激に伸びる事で亀裂が生じてしまうのが原因で妊娠線は出来ます。
妊娠線は一度出来ると出産後も残ってしまいます。
予防の為には、しっかり保湿する事が大切です。
予防対策として、一番手軽な方法が保湿クリームを塗る事です。
最近では妊娠線用の保湿クリームがたくさん販売されていますが、大切な事は肌を乾燥させないようにしっかり塗る事です。
お風呂上がりはもちろん乾燥でかゆみを感じる場合はしっかり塗る事が大切です。
またクリームの他にもオイルで予防する方法もあります。
特に自然食品のオリーブオイルは、赤ちゃんにも安心して使えます。
クリームでもオイルでも重要な事は、体に塗りながらしっかりマッサージをする事です。
長引くつわりや体調不良で予防が億劫になってしまう人もいますが、妊娠線を予防する為にはなるべく早めから対策をする事をおすすめします。

どういったものを選ぶか

一度出来てしまうと消えることがない妊娠線は、予防が大切になります。
妊娠線を予防するための専用クリームはたくさんありますが、クリームを選択する場合には、保湿力や使い心地、コストパフォーマンスが重要になります。
継続して使用するものですので、続けやすい価格のものを選ぶようにしましょう。
実際に使用する場合には、妊娠初期から使用し始めることが好ましいとされています。
価格は、内容量にもよりますが評価の高いものでは1万円以下のものが多いようです。
内容量だけでなく使い心地にも注目をするようにしましょう。
少ない量でも伸びが良いものであれば、一本で長く使用することが出来ますので結果として非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。
プッシュタイプのものは、手を汚すこと無くいつも同じ量を利用することが出来るのでオススメです。
サンプルが用意されている場合には、まずはサンプルを利用することによって、使い心地などを試すことが出来ます。
妊娠線を予防するためのクリームは、通常の保湿クリームとは異なり、神秘にまで成分が届くように作られています。
妊娠線を予防するためには、専用のクリームを使用するように心掛けるようにしましょう。
クリームの中には、アロマが使用されているタイプがありますが、妊娠中には避けたほうが良い精油もありますので、注意が必要です。
このような精油が配合されている物を使用する場合には、専門家に相談するようにしましょう。

オススメリンク
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930